banner_03.gif 006-002.gif← 人気blogランキングへ、1日1クリックご協力ください006-002.gif

2006年03月23日

「パートですが、なにか?」/県庁の星

柴咲コウみたさに、観てきました「県庁の星」!
思ってたよりもずっとオモシロかった。
腹を抱えて笑えるとか、感動するとか
そんなのないけど、
ひまつぶしには丁度いい。
柴咲コウやっぱり、いいなぁ(笑)

4093861501県庁の星
桂 望実
小学館 2005-09

by G-Tools

※原作です。

ストーリーを少し紹介。
特別養護老人複合施設建設プロジェクトを足掛かりに
出世を目指すK県庁のエリート公務員・野村聡(織田裕二)。
プロジェクトの成功のため、
民間意識に留意することが重要と
県議会議長(石坂浩二)に上申した野村は、
民間企業との人事交流研修メンバーに選ばれることに。
しかし、研修先は三流スーパー「満天堂」、
教育係は年下のパート店員・二宮あき(柴咲コウ)だった。
役所の理論を持ち込む野村と、お客様第一の二宮。
当然、ぶつかりあう。
無事研修を終え、プロジェクトの重要ポストにつくことができるのか?
欠点だらけ、リストラ候補の三流スーパーの運命は?
とこんな感じです。

見どころは、県庁の内と外が垣間見れるとこと、
伊丹十三監督の「スーパーの女」的、
ダメ店舗の復活劇。

政治の話はつまらないので書きませんが
石坂浩二さんの悪役ぶりは
あいかわらず、すごいなーと思います。

スーパーでは
ベタなくらいに
エリート役人ってあんな感じだろーなと
思わせるシーンが随所に出てきて楽しい。
いきなり改善提案書を作ったり
新しいお弁当のプレゼンシーンとか
ほんとおもしろい。
マニュアルないんですか?は
笑ったな。

はじめは、上からモノをいう傲慢な態度で
接しているんですが、
あることを切っ掛けに
謙虚な態度で取り組むようになる。
そこから、お荷物でしかなかった“県庁さん”が
頼りになる“県庁さん”に。

ありきたりな展開ですが
見てて安心できるし
エンターテイメントは
こうでなくてはって感じで、
私は好きです。

織田裕二はあいかわらず、クサイ演技しますが
いつもの半分くらいのクサさです(笑)
やっぱり織田裕二は、野心バリバリで頭のきれる、
一見悪役風のキャラが似合います。
今回はよかった、織田裕二。
でも、
挫折感を出すというか落ち込んだときの演技が。。。
ですね。

余談ですが、
監督・脚本の西谷弘という人、この作品が映画初監督作品。
ずっと人気ドラマを手掛けてきたディレクターらしいが、
エンディングからエンドロールの部分に力がはいってないな。
音楽が暗い。
もっと明るめの曲の方がよかったのでは?
余韻を楽しむどころか、なんかどよ〜んとした後味。
内容は楽しかったのに、なんで?という感じ。

私は、どんな映画でも照明がつくまで
席をたたない主義なんですが、

この監督、
エンドロールをなめているのか?
(まぁハリウッドのめちゃくちゃながい
無意味なエンドロールもどうかとおもうが。)

私、あの余韻を楽しむというか、
映画の印象が自分の中で
整理されていく時間が好きなんです。

あと最後の最後になにか仕掛けがあるのでは?
と少し期待したり(笑)
バックトゥザフューチャー2とか
マトリックスリローデットは次回の予告、ありましたし。
特にマトリックスは鬼のように長かったから
最後までみてよかったーってマジで感激しましたもん。

それとも
あの暗さ、まさかと思うが、
社会派作品でも気取ってるのでしょうか?

監督自身がパンフで
「この映画は野村と二宮が成長して輝く物語です」といっているのに、
官僚社会への問題提起でもしてるつもりだとしたら
矛盾してる。

輝いたわりには、暗すぎる。
こういうエンターテイメント作品は
すっきりとした明るい後味が欲しいと
思うのは私だけだろうか。。

今回はすこし辛口でした。^^;


ぽちっと応援よろしくお願いします。
banner_03.gif
star-pikaf04.gif↑ 人気blogランキングへ、GO!star-pikaf04.gif

にほんブログ村 映画ブログへ
star-pikaf06.gif↑ にほんブログ村 映画ブログへ、GO!star-pikaf06.gif

【PR】


posted by indy at 22:53| Comment(10) | TrackBack(13) | 邦画2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
トラックバックに気づき、こちらへ参りました。

エンターテイメントはこうでなくては・・・と
いうのは同感です。
気軽に映画を観たい日だったので、ありきたりの展開が分かった上でセレクトしました(笑)
映画選びも、いろいろですね。
次は、自然と涙できるような映画にしたいなと
思ってます。


Posted by 『マダムの月曜日』 at 2006年03月24日 23:07
初めまして。
トラックバックありがとうございます。
建設予定地の所で、”白いコート”を着て、地面に崩れて落ち込みきっている様は、織田ファンの私でも
「。。。」
と、無言のツッコミを入れたくなりました(笑
だけど王道を突っ走る織田さん、王道のストーリー展開を突っ走る映画、大好きです♪
私もトラックバックさせていただきました。
Posted by いい旅になりますように♪ at 2006年03月24日 23:25
はじめまして。
トラックバックからきました。
ありがとうございました。
エンタメは明るく楽しくすっきり終わるのが良いですよね!
Posted by さくらっちょ☆ at 2006年03月24日 23:52
トラバありがとうございます!
私は普段あまり映画を観ないので、
なんか普通に良かったなぁ、と思いましたが…
個人的に流通業と公務員を渡り歩いたので、
どっちの状況もすごくわかって、
考えさせられた作品でしたー。

映画に疎いくまみですが、
何かオススメあったら教えてください☆
Posted by くまみ at 2006年03月25日 00:27
『マダムの月曜日』さん>
  コメントありがとうございます。
  自然と涙できるような映画ですか、
  むずかしいですね。
  私は
  悲しくて泣ける、
  よりも
  感動して泣ける、の方が好きです。

 いい旅になりますように♪ さん>
  コメントありがとうございます。
  私は、階段で泣き崩れるシーンで
  悲しみとか悔しさが伝わって
  きませんでした。
  結構あいいうシーンうまいはずなのに
  「?」でしたね。
  

 さくらっちさん>
  コメントありがとうございます。
  はい、明るく楽しくすっきりです。
    
 くまみさん>
  コメントありがとうございます。
  全体的には良かったですよ。
  個人的な好みで
  エンディング曲が暗いのが
  ちょっとダメだっただけです。^^;  
Posted by indy@管理人 at 2006年03月25日 21:26
はじめまして。
トラックバックしてくださったようですね。
ありがとうございます。
私も、この映画を見ましたよ。
とっても面白かったです。
映画特有の派手なシーンは無かったんですけど
それでも良かったと思います。
Posted by うさこ at 2006年03月25日 22:30
はじめまして!!
TBありがとうございます。

私もエンドロールが好きな一人です^^
役者さんの名前を確認したり、提供の会社をチェックしたり…。
映画館だと巻き戻したりストップできないのがつらい?ですね(笑)

そうそう、最後のオチみたいな1シーンもあるんじゃないかと、それも気にしちゃいます☆
Posted by 三浦 はるの at 2006年03月26日 22:34
 うさこさん>
  コメントありがとうございます。
  ホントおもしろかったですよね。
  脇もしっかりしてるから、
  安心して楽しめました。  

 三浦 はるのさん>
  コメントありがとうございます。
  私も役者さんの名前を確認します。
  セカチュ−だったかな、
  やっぱりダンディ坂野だーって
  思いましたもん(笑)  
  あと挿入歌のチェックとかもします。
  
Posted by indy@管理人 at 2006年03月26日 23:41
はじめまして!
トラックバックありがとうございました。
私もエンドロールはちょっとがっかりしました。
でも、織田さんの映画はハズレがないので好きです。

Posted by のこ at 2006年03月28日 17:39
 のこさん>
  コメントありがとうございます。
がっかりですよね。
  同じように感じた人がいてうれしいです。
  たしかに織田裕二の出演作は
  はずれが少ないように感じます。
  だぶん脚本を選ぶ目がいいんだと思います。
Posted by indy@管理人 at 2006年03月28日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「県庁の星」
Excerpt: 3月20日(月)新宿オデオン座にて織田裕二と芝咲コウ。この二人は、現時点でもっとも集客力がある人材だそうです。暑苦しい猿顔と、年齢より老成した感じがするキツネ目の女。日本人の趣味も変わったものです。私..
Weblog: 不良中年・天国と地獄
Tracked: 2006-03-24 21:14

『県庁の星』
Excerpt: 『県庁の星』を観ました。織田裕二が好きなんで楽しみでした♪ちなみに、この映画の感想についてですが。。。もう、織田さんが出てるというだけで「織田さんが主演。それだけでイイ。」という気持ちです!!。。。な..
Weblog: いい旅になりますように♪
Tracked: 2006-03-24 23:18

『県庁の星』
Excerpt: 織田裕二さんと柴崎コウさん主演の映画『県庁の星』を見てきました。内容については公式サイトで見てください。オラの感想は面白い(≧m≦)!別にコメディってわけじゃないんだけど、ところどころにお笑いのポイン..
Weblog: いつも笑顔で!!
Tracked: 2006-03-25 00:19

県庁の星
Excerpt: 県庁勤務でも、スーパーマーケット勤務でもありませんが、沸々と湧き上がってきたのは「今、何をすればいいのか」という妙な使命感。世の中、どこまでがホントで、どこからがウソなのか、考えちゃいます。考えて疑い..
Weblog: お気楽生活
Tracked: 2006-03-25 00:45

県庁の星
Excerpt: 「検討するだけで実際にはなにもしませんっていう意味だからいいんだ」 By県庁さん県庁のエリートが民間(漢字合ってるかな?)を知るという名目で、スーパーに出向しましたとさ。真面目な県庁さんは、勉強するか..
Weblog: Nao'sPhotoGallery
Tracked: 2006-03-25 01:21

映画「県庁の星」
Excerpt: 「県庁の星」、観てきました。 映画は大好きなのですが、いつも家でVideo、DVDで観ていたので映画館に足を運ぶのは約15年ぶりでした。 途中で寝ちゃったら感想文書けないなぁ、という心配もあったんです..
Weblog: 人生を成功に導く道標
Tracked: 2006-03-25 03:44

県庁の星 (2006/日本)
Excerpt: 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二   野村聡     柴咲コウ   二宮あき     佐々木蔵之介     井川比佐志     酒井和歌子     石坂浩二  県庁のエリート役人..
Weblog: 虫干し映画MEMO
Tracked: 2006-03-25 14:03

県庁の星
Excerpt: ●『県庁の星』2006年2月25日公開。織田裕二3年ぶりの映画は社会派コメディ。去年は番外編というよりスピンオフでとりあえずヒットした『踊る・・・』やらないのかな?今年..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-03-26 13:26

『県庁の星』観てきましたよ!
Excerpt: いや??、面白かった! 社会教育とか行政とか興味あるのを抜いても面白かった! 心の
Weblog: ■Talk・ee-Talk・ee*■
Tracked: 2006-03-26 21:41

県庁の星☆
Excerpt: わーい。やっと見に行くことができました。織田裕二主演の「県庁の星」今日はお友達の裕子ちゃん(仮名)と一緒でした面白かったです。私って子供の頃から「感想文」って書くのが苦手で(苦笑)ここでも書きません。..
Weblog: 干物女…かも?!
Tracked: 2006-03-26 22:27

県庁の星(ネタばれ注意)
Excerpt: 今日は、3月1日映画の日だったので「県庁の星」を観ました。 織田裕二演じる県庁エリート公務員が、民間との人事交流で三流スーパーで働くことになりいろんなことを経験する話。 僕の身近な友達にも県庁で働く..
Weblog: じゆさの冒険記
Tracked: 2006-03-26 23:21

老人ホームに歌のプレゼント
Excerpt: 市の歌謡教室に通う会員らが十三日、市養護老人ホームを訪れ、四十七人の入所者を自慢の歌で励ました。教室は花田達也さん(37)が主宰し、管内を中心に施設訪問を続けている。会員たちが美声を響かせた後、「状..
Weblog: 話題 −バックナンバー
Tracked: 2006-12-25 19:46

映画『県庁の星』を観て
Excerpt: 上映時間:131分公式HP監督・脚本:西谷弘出演:織田裕二(野村聡)、柴咲コウ(二宮あき)、佐々木蔵之介(桜井圭太)、和田聰宏(浜岡恭一)、紺野まひる(篠崎貴子)、益岡徹(浅野卓夫)、酒井和歌子(小倉..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2008-09-13 17:57
発芽米キャンペーンバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。