banner_03.gif 006-002.gif← 人気blogランキングへ、1日1クリックご協力ください006-002.gif

2005年10月17日

「ウツョ!ウツョ!」/ドラゴンヘッド

「あずみ2」を借りにいって、なかったので仕方なく
レンタルした「ドラゴンヘッド」。
この映画が公開されている時は、
少し期待していて見たかったんですが、
結局映画館でみなかった。
SAYAKAがなぁ〜、と思って^^;
なんかアイドル映画チックになってやしないかと。
しかし、これが失敗でした。やはり見に行けば良かった。

B00007G0LIドラゴンヘッド
妻夫木聡 望月峯太郎 飯田譲治
アミューズソフトエンタテインメント 2004-02-27

by G-Tools


まーネットでみてみると結構酷評されているみたいですが、
これが意外?というか、私はけっこう面白かった。
映像に関しても、正直なめてましたが、凄い、この作品。CGとか特撮とか。
なかなか衝撃的。崩壊した世界が実にうまく再現されてますよ。
ほんとのめりこんでしまった。
少し展開をはしょっている感は否めませんが、楽しめます。
最初のシーンは、あまりにも妻夫木がこけまくるので、イライラします。
あとSAYAKAの「こわいよ〜こわいよ〜」にもイラっときますが(笑)
ぐっと我慢して見てみてください。(笑)

では、ストーリーを簡単に。修学旅行で乗っていた新幹線が、事故でトンネル内に閉じ込められる。
何がなんだか分からない状況の中、生き残ったテル(妻夫木聡)は、
アコ(SAYAKA)とともに地上へ脱出する。しかし、そこに待っていたものは、
白い灰が降り注ぐ荒れはてた大地と、恐怖と絶望から狂気に走る人間達だった。。。

一体何が起こったのか?
隕石の落下?大地震?謎は深まるばかりです。
世界崩壊という極限状態の中で、自分だったら
果たしてどういった行動をとるのだろうか?

まずは食料を確保する?武器を暢達する?
この映画のように女の子と一緒だったらどうする?
守りきれるのか?とかとか。
いろいろ考えさせられます。

北斗神拳伝承者だったらなぁ(笑)
ちなみに、
結構エグイ映像とか出て来るんですが、
これ年齢制限ないのかな?

原作の漫画も読んだことあるので、ある程度中身知ってました。
終わり方も中途半端だった記憶があったんですが、(たしか;)
映画でも、え?終わり?って感じのラストでした。

でも嫌いじゃありません。こういう終わり方。
むしろ好きかも。
余韻があるというか、いろいろその後の想像とかできて。
たしかにエンディングに流れる音楽にも救われてる所はあります(笑)

MISIAの「心ひとつ」。
なんとかなるさと〜♪答えを任せて〜ぇ♪
この曲が流れると、なんか全て許されるというか。
それでも映画の雰囲気に凄くマッチしていて
なんとも言えない余韻に浸れます。
映画における、音楽ってほんとに重要ですね。

さて、テル(妻夫木)を助けるために
アコ(SAYAKA)が仁村(藤木直人)に
銃を向けるシーンがあるんですが、
何いってるかわかんないんですよ。SAYAKA!
「ウツョ!ウツョ!」って、
外国人の片言の日本語みたいで。
はじめ聞いた時、はぁ?って感じで、
よーく聞いてみて、「撃つよ」とわかった(笑)

なんかほめてるのどうかわかんなくなってきた(笑)ので、
つけくわえると、ノブオ役の山田孝之、なかなかいいです。
すこし見直しました。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑面白かった方は、ぽちっと!映画ブログランキングにご協力ください。
posted by indy at 00:05| Comment(5) | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございました。
私は「ドラゴンヘッド」劇場まで行ったのに、
ほとんど寝てしまって最初の方しか見てないんですよね。
気づいたらエンディングでした(笑)
弟が中古でDVDを買ってたようなのでいつか見ます!
あと、私邦画大好きなのでまた来させていただきますね!
Posted by 安奈 at 2005年10月17日 03:40
トラバありがとうございました。

私は、全然だめでした。妻夫木君見たさで、見たせいかも知れません。
感想読ませてもらって、こんな風に感じれば、もっと面白く見れたかも?考えさせられました。
初めから、なんかな〜な目線でみてしまったので・・・
私のは、ほとんど、面白かったか、どうか?みたいな感想なので、全然参考にならないと思いますが、これからも宜しくお願いします。
Posted by sabo at 2005年10月17日 22:18
安奈さん>
コメントありがとうございます。
寝てしまったんですか!(笑)
私はトンネルから脱出するまで
非常にイライラして、
逆に眠くなりませんでした(笑)
あと、ぜひぜひ、またきてください。

saboさん>
コメントありがとうございます。
まあ感じ方はひとそれぞれなんで。
結構酷評されてるみたいだし、この作品。
こちらこそ、よろしくです。

妻夫木みたさ。
それわかります。
私も好きな女優がでてるってだけで
映画みますよ。というかほとんど^^;
内容がつまらなくても、最悪
その女優さんで救われるからです。
Posted by indy at 2005年10月17日 23:08
初めまして、TBありがとうございます。
個人的には原作と話が結構違って楽しめた作品でした。
まぁ…中途半端な感じは原作と同じですが(笑
でも、確かにこういう終わり方は色々考える事ができて楽しいですよね〜。


SAYAKAの「ウツョ」を読んで、思い出しちゃって思わず笑ってしまいました。
このシーンに限らず、何かSAYAKAの台詞は聞き取りにくかった感じがしてイライラしました(笑
Posted by ピクルス at 2005年10月19日 08:33
ピクルスさん、コメントありがとうございます。
そうそう、イライラしますよね。(笑)
特にトンネルでるまでは。
で、やっと外に出た時の開放感!
これも狙い?かなあ(笑)
Posted by indy at 2005年10月19日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8229998
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ドラゴンヘッド
Excerpt: ドラゴンヘッド / アミューズソフトエンタテインメント ISBN : B00007G0LI スコア選択: ※※ 結局のところ、何がおこったんだろう? 隕石、地殻変動?いろんな説があると..
Weblog: sabo movie diary
Tracked: 2005-10-17 22:19


Excerpt: 飯田譲治飯田譲治(いいだじょうじ、1959年3月1日 - )は、日本の映画監督、脚本家、テレビドラマの演出家。長野県諏訪市出身。世にも奇妙な物語シリーズでは「中村功一」のペンネームでいくつか脚本を書い..
Weblog: お待たせ!<br>映画ファン「映画監督・評論家編」
Tracked: 2007-10-16 12:52
発芽米キャンペーンバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。